スキル習得ノウハウ ブログ

英語を学習する必要性はあるのか?必要性が高い理由と将来性も説明!

英語を話せる日本人は少ないですが、英語を学習する必要性はあるのでしょうか?

英語を日常的に使っていないと、英語の必要性を感じにくいです。

しかし、昨今のグローバル化に伴い、英語を学習する人は増えてきています。

この記事では

知りたいこと

  • 英語を学習する必要性はあるのかが知りたい
  • 英語を学習することによるメリットが知りたい
  • 英語を学習する必要性の理由が知りたい

という人に向けて、「英語を学習する必要性はあるのか」「英語を学習する必要性が高いつ7の理由」を解説しています。

また、「将来的に英語の必要性がなくなるのか」についても説明しているので、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

英語を学習する必要性はある?

日本の学校で学習する科目に英語は必ず入っていますが、日常で使わない人は多いのではないでしょうか?

日常的に英語を使っていない人からすると、英語を学習する必要性があるのか疑問に思ってしまいますよね。

しかし、英語は世界で非常に多くの人に話されている言語です。

ここでは、英語を学習する必要性があるのかを説明しています。

英語は学習する必要性が非常に高い

英語は世界で非常に多くの人に話されている言語なので、学習することで世界の人たちとコミュケーションを取ることができます。

昨今、Google翻訳等の精度が上昇し、英語を身に着けていなくてもコミュニケーションを取れます。

しかし、言語翻訳機能やAIには限界があるので英語は学習する必要性が非常に高いです。

英語は学習する必要性が高い

言語翻訳機能やAIがさらに発達する可能性はありますが、それまでに英語を身に付けてメリットを得ることをおすすめします。

英語を学習する必要性が高いつ7の理由とは?

インターンは社会に出て必要な力を身につける

英語は学習する必要が非常に高いですが、具体的にはどのような理由があるのでしょうか?

英語を学習することで、自分の人生を豊かにする様々なメリットが生まれます。

少数派である英語が話せる日本人は、何をメリットに感じて英語を学習しているのでしょうか?

ここでは英語を学習する必要性が高い7つの理由を説明していきます。

コミュニケーションの幅が広がる

英語は世界で非常に多くの人に話されている言語なので、英語を学習することで様々な国の人とコミュニケーションを取ることができます。

昨今、TwitterやInstagram等のSNSで世界中の人と繋がることができます。

海外に行く機会が少ない人でも、英語を学習することでコミュニケーションの幅を広げることが可能です。

また、街を歩いていて外国人に英語で道を聞かれたことはありませんか?

日本は外国人の観光客が多く、観光地や都心では英語で話しかけられることが多々あります。

これで安心

英語を学習すると、とっさに英語で話しかけられた時でも焦らずスムーズにコミュニケーションをとれます。

就職活動を行うさいの強みになる

英語を学習すると就職活動を行うさいの強みになります。

英語を使う仕事や外資系企業であれば、就職するために英語力が必要になります。

また、グローバル化に伴い、一般の企業でも英語を話すことができる人材の評価は高いです。

就職活動に活かそう

そのため、英語を学習して身に付けることで就職活動を行うさいの強みになります。

英語を話せる日本人が少ない

インターネットの普及や翻訳機能に伴い、英語の文章でも日本語で読むことができます。

そのため、英語を身に付けている日本人は少ないです。

しかし、英語の普及率は年々増加しているので、英語を話せる人材の需要が高まっています。

他の人と差をつけることができる

英語を話せる人が少ない日本で、英語を学習することで他の人と差をつけることができます。

学習する労力に対してリターンが大きい

英語を学習することで労力に見合った以上のリターンを得ることができます。

英語は基礎を身に付けるだけで、日常的な会話程度であれば理解することが可能です。

英語の学習はリターンが大きい

英語の基礎を学習するのに必要な学習時間は、学校での勉強で基盤ができているので比較的少なくて済み、労力に対してリターンが大きいです。

日常的な会話が理解できるだけで、世間の評価に繋がり自己評価も高まります。

また、英語を身に着けてTOEIC等で一定のスコアを取ることができれば、自身の強みになります。

迷える学生
英語を完璧にマスターしなくてもリターンがあるんだね!

英語初心者におすすめな参考書【この3冊でOK】

会社での昇給に直結する場合がある

英語を身に付けることで会社の昇給に直結する場合があります。

特に外資系企業であれば、社内でのやり取りで英語を使うことが一般的です。

英語を身に付けることで会社のマネジメント職への昇格や、給与の昇給に直結します。

また、一般企業でも英語を話せる人材の需要は高いので、昇給に直結する場合があります。

ポイント

英語を学習して自分の市場価値を高めましょう。

海外旅行や出張のさいに困らなくなる

海外旅行や出張に行ったさいに、英語が話せなくて困った経験はありませんか?

日本で英語を日常的に使うことは少ないですが、外国では英語を使うことが多いです。

英語圏以外の国でも、外国人とのコミュケーションのために英語を学習している人がたくさんいます。

これで安心!

英語を学習することで、海外旅行や出張のさいに困らなくなります。

インバウンドの数が増えてきている

観光や企業の外国人雇用の増加により、日本に入ってくる外国人の数が増えてきています。

訪日してくる外国人は英語を学習していることが多いです。

今後はインバウンド数の増加に伴い、英語を使う機会が増えていきます。

備えることが大事

英語を身に着けることで、今以上に日本で英語が普及したさいに困ることがなくなります。

将来的に英語の必要性はなくなる?

インターネットの普及やAI技術の発展により、将来的に英語の必要性はなくなるといわれていますが、実際にはどうなるのでしょうか?

将来的な英語の必要性によって、英語を学習する姿勢も変わってきます。

将来的に英語の必要性がなければ学習する必要はありませんが、英語の必要性がさらに高くなるのであれば学習した方がいいですよね。

ここでは、将来的に英語の必要性はなくなるかについて説明しています。

英語の必要性がなくなることはない

インターネットの普及やAI技術の発展により英語の必要性がなくなることはありません。

インターネットの普及やAI技術が発展すればするほど、英語が言語の中心となっていきます。

AIはコミュニケーションをアシストする技術なので、AI技術が発展しても世界で1番話されている英語は必要になるからです。

また、訪日外国人の増加に伴い、英語の普及率は年々増加しています。

英語の必要性

将来的には今まで以上に英語の必要性が高くなっていきます。

迷える学生
英語は学習した方がいいんだね!

まとめ

英語は世界で1番話されている言語で、学習する必要性があります。

日本では英語を話せる人が少ないですが、世界各国では話せる人がたくさんいます。

グローバル化が進む中、外国人とコミュニケーションを取るためにも英語の学習は必要です。

英語を学習する必要性には

英語を学習する必要性の理由

  • コミュニケーションの幅が広がる
  • 就職活動を行うさいの強みになる
  • 英語を話せる日本人が少ない
  • 学習する労力に対してリターンが大きい
  • 会社での昇給に直結する場合がある
  • 海外旅行や出張の際に困らなくなる
  • インバウンドの数が増えてきている

といった7つの理由があります。

日本では訪日外国人の増加に伴い、英語の普及率は年々増加しています。

また、将来的にインターネットの普及やAI技術の発展しても英語の必要性がなくなることはありません。

英語を話せるようになるとたくさんのメリットがあるので、ぜひ英語を学習してみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

学フリ-公式

学生フリーランス専門のメディアです。フリーランスになるためのノウハウ、学生フリーランスへのインタビュー、案件の取り方など、「節約する」「稼ぐ」「投資する」ために必要な情報を発信しています。

-スキル習得ノウハウ, ブログ

© 2021 学生フリーランス