ブログ 大学生活の基本

大学生はどのくらいお金が必要?おすすめのお金の使い方と節約法もご紹介

「大学生になるけどお金が心配」「大学生活楽しめるかな」など入学前に不安を感じる人も多いですよね。

大学生活は今までの学生生活とは違い、とてもお金がかかります。

学費や生活費など、親や奨学金を頼りながらやりくりしていかなければなりません。

しかしながら、自由な時間も増えます

今までの学校の校則や親の縛りがなくなり、楽しみも格段にアップすると思います。

今回はまず、大学生はどのくらいの出費と収入があるのかを紹介します。

そして、おすすめのお金の使い方と節約方法についても紹介します。

この記事を読んだら、より良い大学生活を送れるかもしれません。

ぜひ読んでみてくださいね。

大学生にかかるお金はどのくらいなのか

大学生は高校生までと違い、かなりのお金がかかってきます。

大学生になると親元を離れ、寮やアパートに暮らす学生も多くなりますよね。

そのため、生活費が必要になってきます。

また学費が安いといわれている国公立大学でも、年間約50万円ほどの学費もかかるのです。

私立大学ではもっとかかります。

そこで、1年間で必要な生活費と学費についてまとめました。

気になる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

大学生の平均的な生活費の内訳について

特に1人暮らしを始める大学生は、家賃や光熱費なども払っていかなければなりません。

また、大学生では友達との飲み会や遊びに使うお金も必要になってきます。

大学生の1年間の生活費の平均を、自宅、学寮、下宿・アパート・その他の3つに分けて表にまとめました。

日本学生支援機構「平成30年度学生生活調査」を参考にしています。

自宅 学寮 1人暮らし
1年 1か月 1年 1か月 1年 1か月
食費 104,900 8,740 259,600 21,630 284,600 23,720
住居・光熱費 319,200 26,600 471,300 39,275
保健衛生費 39,400 3,280 34,000 2,830 38,200 3,180
娯楽・し好品 150,600 12,550 128,500 10,710 156,900 13,075
その他の日常品 139,200 11,600 147,100 12,260 160,400 13,370
434,100 36,275 888,400 74,030 1,111,400 92,620

参考:https://www.jasso.go.jp/about/statistics/gakusei_chosa/__icsFiles/afieldfile/

   2020/03/16/data18_all.pdf

*1か月の数値は、1年のそれぞれの数値を12で割って四捨五入して出しています。

やはり特にお金がかかってしまうのが、1人暮らしをしてる大学生ですよね。

食費、住居・光熱費などすべての費用が、自宅・学寮で暮らす大学生より多くなっています。

また自宅で暮らす学生と1人暮らしの学生では、1年間で生活費の合計の差が約60万円もあることがわかります。

かなり差があって驚きですね。

1年間でかかる大学の学費について

生活費の他にかかるのが学費です。

学費には、入学金・授業料・施設設備費などがあります。

特に、入学金と授業料は大きな割合を占めています。

そこで、入学金と1年間の授業料の目安をまとめました。

数値は平成30年度の平均額になっています。

文部科学省「国公私立大学の授業料等の推移」を参考にしています。

国立大学 公立大学 私立大学
授業料 535,800 538,734 904,146
入学日(初年度) 282,000 392,391 249,985

参考:https://www.mext.go.jp/content/20191225-mxt_sigakujo-000003337_5.pdf

この表を見てわかるように、1年間でかなりの学費がかかることがわかります。

入学金が払えなければ入学できないし、授業料が払えなければ授業が受けられません。

したがって、必ず収める必要があります。

しかし、経済的に苦しい家庭の学生は分納や期限延長を認められている大学もあります。

大学によって違うので、確認してみてくださいね。

大学生はどのようにお金を得ているのか

大学生は家庭からの給付や奨学金、アルバイトなどで収入を得ています。

家庭の事情で仕送りがなかったり、将来を考えて奨学金を借りていなかったりなど家庭環境はバラバラです。

少ない収入でやりくりしていかなければならない大学生も多くいます。

大学生がどのくらいの収入を得ているのか、収入の内訳を紹介します。

奨学金をどのくらい借りるか、アルバイトでどのくらい稼ぐかなど考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

大学生の平均的な収入の内訳について

平均的な収入を家庭からの給付、奨学金、アルバイト、定職収入・その他の4つに分けて表にまとめました。

日本学生支援機構「平成30年度学生生活調査」を参考にしています。

1年 1か月
家庭からの給付 1,196,600 99,720
奨学金 359,600 29,970
アルバイト 401,500 33,460
定職収入・その他 43,600 3,630
2,301,300 191,775

参考:https://www.jasso.go.jp/about/statistics/gakusei_chosa/__icsFiles/afieldfile

   /2020/03/16/data18_all.pdf

*1か月の数値は、1年のそれぞれの数値を12で割って四捨五入して出しています。

家庭からの収入が、とても多いですね。

収入の約半分を家庭からの給付が占めています

家庭環境によっては、それぞれの値で全然違ってくると思います。

あくまでも参考程度に、いくらぐらい家庭からの給付を受けるかや奨学金を借りるかなどを家族と話し合ってみてくださいね。

大学生へ向けたおすすめのお金の使い方3選!

大学生になると、新しいことに挑戦してみたいと思う人が多いようです。

大学生は休みが多いため、できることがたくさんあります。

社会人になれば休みも少なく、自由な時間が限られてきます。

そこで、大学生のおすすめのお金の使い方を3つご紹介します。

おすすめのお金の使い方

1.飛行機代を節約して海外に行こう

2.長期休みに海外留学をしてみよう

3.将来のためにスキルを身に着けよう

新しいことにチャレンジしてみたい方、ぜひ参考にしてくださいね。

1.飛行機代を節約して海外に行こう

大学生のお金の使い道として特におすすめなのが、飛行機代を節約して海外旅行に行くことです。

海外旅行の時に気にするのが、お金ですね。

確かに、国内旅行よりは高額になることが多いと思います。

そこでできるだけ安くいきたい大学生におすすめなのが、飛行機代を節約することです。

peachやjetstarなどの格安航空会社を使えば、東アジアや東南アジアなどの国々であればとても安く行くことができます。

また、格安航空会社は時々セールを行っているため、この時期に買えばもっとお得に航空券を購入できます。

海外に行けば異国の文化に触れ、刺激的な体験ができると思います。

また海外にいった経験は、忘れることのない一生の思い出になるでしょう。

社会人になれば海外旅行に行ける機会は減る可能性が高いです。

そのため、休みの多い大学生のうちに海外旅行に行っておくべきではないでしょうか。

2.長期休みに海外留学をしてみよう

大学生は夏休みや冬休みなどの休みがとても長いです。

その長い休みを使って、海外留学に行くことをおすすめします。

海外留学の一番のメリットは、語学力が身につくことです。

外国人が街中で困っていた時に助けることができたらと考えると、ワクワクしませんか。

語学力が身につくと、人生の楽しさが少し上がるように思います。

また、語学力が身につくと将来の選択肢の幅も広がります。

留学はお金がかかりますが、行く価値は大きいです。

フィリピンやフィジーなどは費用が安く、大学生でも比較的行きやすい国だと思います。

さらに、日本人にかなり人気のある国なので、海外に抵抗がある人でも安心して行くことができます。

お金を貯めて、長期休みに海外留学に行ってみてはどうでしょうか。

3.将来のためにスキルを身に着けよう

大学生のうちに、自分で稼ぐスキルを身に着けるのもおすすめです。

多くの大学生がアルバイトをしていますよね。

飲食店の接客業や塾の講師などのアルバイトをやっている大学生もいるでしょう。

しかしこのようなバイトでは、スキルを磨くことができません。

もし大学生のうちに副業のスキルを身に着けていたら、将来に生かせるかもしれないです。

副業には、プログラミングやWebライティング、動画編集など様々な職種があります。

こういった、仕事のスキルのスクールに通ったり講座を受講してみたりしてはどうでしょうか。

将来フリーランスとして自由な暮らしがしたい、という方には特におすすめです。

そしてスキルを身に着けることもお金を稼ぐこともできるので、一石二鳥ですよね。

 

大学生におすすめの節約法3選!

せっかくの大学生活。お金を貯めて、友達と遊んだり旅行に行ったりしたいですよね。

お金を貯めるためには、収入を増やすだけではなく支出を減らすことも必要です。

そこで、大学生ができるおすすめの節約法をご紹介します。

おすすめの節約法

1.シェアハウスに住んで家賃を節約

2.格安SIMに乗り換えてスマホ代を節約

3.まかない付きのアルバイトをして食費を節約

できるだけ生活費を節約して、自由に使えるお金を増やしたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

1.シェアハウスに住んで家賃を節約

「1人暮らしは寂しい」「家賃をできるだけ節約したい」と思っている人におすすめなのが、シェアハウスです。

シェアハウスは、プライバシーが保たれないことや気を使ってしまうことなどから抵抗を感じてしまう人もいるようです。

しかし、シェアハウスに住むことのメリットも多くあります。

一番のメリットは家賃光熱費をシェアできるということです。

特に、東京都内などは地方に比べて家賃が高く、毎月の出費が痛いと感じる人も多いようです。

また、出会いがある。というのも大きなメリットだと思います。

様々な価値観を持つ仲間との出会いで、刺激的な毎日が過ごせるかもしれません。

シェアハウスの中で出会い、交際するというのも珍しくないようですよ。

「一人の時間がなくても平気」「共同生活をしてみたい」という方は、シェアハウスで暮らしてみてはどうでしょうか。

2.格安SIMに乗り換えてスマホ代を節約

頑張って稼いだバイト代が、スマホ代に消えていくのって悲しいですよね。

毎月一万を超えるスマホ代を支払っている大学生も多いようです。

しかし、工夫次第でスマホ代を節約する方法があります。

それは、「格安SIM」を使うことです。

SIMとはどのスマホにも入っている、通信を可能にするカードのことを言います。

格安SIMは、安い価格で利用できるSIMカードのことです。

大手電話会社からUQモバイルやLINEモバイルなどに乗り換えれば、5000円以上スマホ代をお得にできることもあります。

「スマホ代をできるだけ節約したい」という人は、格安SIMに乗り換えてみたらどうでしょうか。

3.まかない付きのアルバイトをして食費を節約

生活費を抑えたいなら、やはり外せないのが食費の節約です。

食事を外食やコンビニの弁当で済ませる大学生は多いようです。

自炊をしなければ、食費が高くついてしまいますよね。

しかし、自炊をすることなく食費を抑える方法があります。

それが、まかない付きのアルバイトをすることです。

アルバイト先によっては割引料金のところもありますが、無料で食べさせてくれるところも多くあります。

高級なお店であれば、おいしい料理を無料で食べられて最高ですよね。

まかないがあるかどうかは求人情報に書いてあるので、チェックしてみてください。

しかし、注意すべきこともあります。

アルバイトは夜遅くに終わるところが多いので、食事をするのが遅くになってしまいます。

健康に悪くなる可能性があります。

そのため、量を減らすなど健康に気を付けながらまかないを楽しんでくださいね。

 

まとめ:必要なお金を把握し、充実した大学生活を

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。

大学でかかる費用や得られる収入、おすすめのお金の使い方や節約法について少しは理解できたのではないでしょうか。

大学生は工夫次第で楽しくすることができます。

節約をしてお金を貯めて、ぜひやりたいことをやってみてください。

大学は皆さんが思っている以上に、あっという間に過ぎてしまいます。

卒業時にあれをやっておけばよかったと後悔しないように、全力で楽しんでくださいね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

学フリ-公式

学生フリーランス専門のメディアです。フリーランスになるためのノウハウ、学生フリーランスへのインタビュー、案件の取り方など、「節約する」「稼ぐ」「投資する」ために必要な情報を発信しています。

-ブログ, 大学生活の基本

© 2021 学生フリーランス