ブログ 大学生活の基本

大学生必見!稼げるバイトおすすめ10選・月20万以上稼ぐ方法あり

今回は稼げるバイトを探している大学生に向けた記事です。

こんな人におすすめ!

・できるだけ楽をしてお金を稼げるバイトを知りたい
・多少、大変なこともあるがお金を稼ぎたいから我慢できる
・飲食店のアルバイトしか知らないから、他の稼ぎ方を知りたい

上記のような方にぴったりの記事になっています。

それでは、大学生におすすめの稼げるバイト・バイト以外で稼ぐ方法についてご紹介していきます!

大学生におすすめの稼げるバイト10選

オンライン英会話で英語力をつけよう

大学生におすすめの稼げるバイトを10個ご紹介します。
それぞれ時給の高さや、お金の貯まりやすさなど特徴をご紹介していきいますので、自分にあったバイトを探してみてください。

また、それぞれのバイトのデメリットもご紹介しています。
バイトごとのメリット・デメリットをしっかり確認して、良いバイト選びをしましょう!

治験

大学生が稼げるバイト1つ目は治験です。
治験とは、新しい薬が安全であり有効性があるのかを実際に人体で検証するものです。

通院タイプと宿泊タイプがあり、通院タイプは1回7000円が相場で宿泊タイプは1泊につき1万円〜2万円が相場となっております。

治験バイトのメリットは、基本的に決められた食事や睡眠時間などを守っていれば、残りの時間は自分の時間にできる点です。
本や映画を見て楽しんだり、参考書などを使って資格の勉強の時間に当てられます。

お金をもらいながら自分のことに時間を使えるという点が、忙しい大学生にとっては嬉しいことですね。

反対に治験バイトのデメリットは、少なからずリスクがあるという点です。
新薬なので世に出回っておらず、人に使用できるかの検証のため、予想外の副作用が発生する可能性もあります。

しかし、治験に使用される薬は何年も研究や動物を使った実験が繰り返し行われており、定められた基準をクリアしているのでそこまで心配する必要はありません。
また、治験のバイトは基本的に病院で行われますので、万が一何かが起こっても早急に対応できるので安心です。

コールセンター

大学生が稼げるバイト2つ目は、コールセンターです。
コールセンターはお客様と電話でやりとりをするバイトで、大きく分けると電話をかける「架電」と電話を受ける「受電」の2種類があります。

コールセンターの時給は1200円〜1800円くらいになっており、大学生ができるバイトの中ではかなり高い金額です。

コールセンターバイトのメリットは、服装や髪型が自由な職場が多いという点です。
コールセンターのバイトでお客様とのやりとりは電話内で完結します。そのため、髪色やピアスなど見た目の規制がないことが一般的です。

反対に、コールセンターバイトのデメリットは精神的に大変であるという点です。
こちらから電話をかける「架電」は、営業の電話なので基本的に相手からは嫌がられます。そのため、話をまったく聞いてくれなかったり話してる途中で電話をきられたりすることがあるのです。

また、電話を受ける「受電」もお客様のクレームを対応することがあるので、自分が悪いことをしたわけではないのに理不尽に怒られるということが起こります。

大変だけど高時給なら我慢できるという方におすすめのバイトです。

塾講師

大学生が稼げるバイト3つ目は、塾講師です。
塾講師は小学生〜高校生までに、受験勉強や学校の勉強を教えるバイトです。

時給は幅広く、集団指導の場合2000円〜3000円、個別指導の場合は1200円〜1600円が相場です。
ただし、時給ではなく授業をした回数で給料が発生する場合もありますので、しっかりと確認しましょう。

塾講師バイトのメリットは、人が成長するところが見れるという点です。
自分の頑張り次第で、目の前の子の成績の伸びが分かるというのはとても嬉しいことですね。

反対に、塾講師バイトのデメリットはプレッシャーを感じてしまうことがあるという点です。
成績が伸び悩んでいる生徒がいると、自分の教え方が悪いのではないかと感じてしまうことがあります。

パチンコ屋

大学生が稼げるバイト4つ目は、パチンコ屋です。
パチンコ屋のバイトは、パチンコ台の清掃や球運びや、玉の交換などが主な仕事になっています。
時給は、1200円〜1500円が相場となっていて、かなり高時給なバイトですね。

パチンコ屋のバイトのメリットは、仕事が内容が難しくないという点です。
基本的に清掃や、物を運ぶことが主な仕事なので未経験の方でも始めやすいバイトになっています。

反対に、パチンコ屋のバイトのデメリットは常に大きい音が流れているという点です。
パチンコ屋ではパチンコ台から爆音が流れていて、勤務中はその音を常に聞いていなければいけない状況です。

そのため、うるさい場所が苦手だという方には少し大変な環境かもしれません。

ホテルスタッフ

大学生が稼げるバイト5つ目は、ホテルスタッフです。
ホテルスタッフは、フロントでの宿泊客への対応や宴会などでの料理の提供、部屋の清掃・整頓など幅広い内容の仕事があります。

時給は1200円〜1300円くらいです。
ホテルスタッフのポジションによっても変わってくるので、しっかりと確認しましょう。

ホテルスタッフバイトのメリットは、丁寧な接客を学べるという点です。
ホテルスタッフの接客は、普通の飲食店や商業施設よりも丁寧な接客を求められるので、良い経験になります。

反対にホテルスタッフバイトのデメリットは、どんな時でも笑顔で居ないといけないという点です。
笑顔でいるのが大丈夫な方は問題ないのですが、苦痛に感じる人は大変になってきます。

bar

大学生が稼げるバイト6つ目は、BARです。
BARのバイトは、主にドリンクや簡易的なフードの提供になります。

時給は1100円〜1300円くらいが相場です。
ただし、深夜の出勤があるため深夜手当がつくため基本給よりも高くなる場合が多くなります。

BARのバイトのメリットは、お酒の作り方と種類を学べるという点です。
お酒が好きな人や、家でお酒を飲むという方にとっては嬉しいメリットですね。

反対にBRAのバイトのデメリットは、昼夜逆転してしまうことがある点です。
BARの多くは深夜までやっているので、帰りが遅くなってしまいます。
規則正しい生活じゃないと体を壊してしまうという方にとっては大変なバイトでしょう。

家庭教師

大学生が稼げるバイト7つ目は、家庭教師です。
家庭教師は担当のおうちにお邪魔して、そこにいる生徒に勉強を教えるというバイトです。

時給は1500円〜2000円と高く、学歴次第では3000円以上になることも珍しくありません。

家庭教師のバイトのメリットは、教える力が身につくという点です。
家庭教師は基本的に、長期的に生徒を担当するので、その子の成績の変化を常に見ることができます。
性格や成績に合わせて、どうやって教えるのが良いのかを試行錯誤するきっかけになるでしょう。

反対に家庭教師のバイトのデメリットは、生徒の家にあがらないといけないという点です。
人によっては、あまり落ち着かないこともあり教えるのに集中できないことがあります。

キャッチ

大学生が稼げるバイト8つ目は、キャッチです。
キャッチとは客引きとも言われ、路上でお客さんに声をかけ自分のお店に呼ぶというバイトです。

時給は1000円程度が多いのですが、お客さんを呼んだ人数やお会計の金額によって、インセンティブがもらえるという形です。

キャッチのバイトのメリットは、コミュニケーション能力が上がるという点です。
知らない人にたくさん話しかけるため、人と話す力をつけることができます。

反対にキャッチのバイトのデメリットは、グレーなバイトであるという点です。
相手の進路を塞いでしまったり、無理やりお店に連れて行ってしまうと違法ですので、注意が必要になります。

スカウトマン

大学生が稼げるバイト9つ目は、スカウトマンです。
スカウトマンは女性に夜職を紹介して、働いてもらうバイトです。

給料は完全歩合制が多く、大学生でも月に50万近く稼ぐ人も珍しくありません。
また、キャバクラや風俗などの職種によっても給料形態は変わってくるので、しっかりと確認しましょう。

スカウトマンのメリットは、歩合制が多いので自分の頑張り次第でたくさん稼げるという点です。
最初、バイトの内容を覚えるまでは大変ですが、軌道に乗れば稼げるようになります。

スカウトマンのデメリットは、危ない世界に踏み入れる可能性があるという点です。
スカウトマンは夜のお店の世界で、大きなトラブルに巻き込まれる可能性があるので、気をつけましょう。

リゾートバイト

大学生が稼げるバイト10個目は、リゾートバイトです。
リゾートバイトは、夏休みや冬休みなどに観光地にあるお店で泊まり込みでバイトをすることです。

時給は1000円前後と普通なのですが、まとまった時間働けてお金を使うタイミングもないので、1ヶ月で20万ほど貯めることができます。

リゾートバイトのメリットは、現地で友達ができて、ダイビングやスキーなどアウトドアを楽しめることです。
また、宿泊料もご飯も提供されるため楽しくバイト期間を過ごせます。

反対に、リゾートバイトのデメリットはまとまった時間を空ける必要があるという点です。
まとまった期間をバイトに尽くすことになるので、自宅でゆっくりしたい人などには向いていません。

さて、ここまで大学生が稼げるバイトを10個ご紹介してきました。
次は、比較的に楽に稼げる大学生におすすめのバイトをご紹介します。

楽に稼ぎたい大学生におすすめのバイト3選

学生団体

ここでは大変だけど稼げるバイトというよりは、給料はそこまで高くないが楽なバイトを3つご紹介します。
バイトといえば大変なイメージですが、今回ご紹介するバイトは気軽に始められるのでおすすめです。

試験監督

大学生が楽に稼げるバイト1つ目は、試験監督です。
試験監督は大学受験の模試のテストなどで、問題用紙の配布やタイムキーパーを務めるバイトです。

時給は1000円程度で高くないのですが、受験生がテストを受けている間は特にやることもないので楽なバイトになります。

試験監督のバイトのメリットは、誰でも楽にできるという点です。
試験中に座れる場合もあり、派遣などの単発でのバイトもあるので気軽にやることができます。

反対に、試験監督のバイトのデメリットは、暇な時間が多いという点です。
テスト前や後は、問題用紙の配布や回収があるのですが試験中はやることがないので、暇な時間が苦痛な方には向いてないかもしれません。

Uber Eats

大学生が楽に稼げるバイト2つ目は、Uber Eatsです。
Uber Eatsは飲食店の商品をテイクアウトして、お客さんまで運ぶバイトです。

給料は配送した回数や距離によって、変化するので頑張り次第で変わってきます。
だいたい時給換算すると、900円〜1500円くらいになります。

Uber Eatsのバイトのメリットは、自分が好きな時間に好きなだけバイトできるという点です。
場所にも時間にも縛られてないので、ストレスなくアルバイトすることができます。

反対に、Uber Eatsのバイトのデメリットは、自制心がないとなかなか稼げないという点です。
やりたくなかったら、やらなくても良いので自分でバイトする時間を定めなければ、一定の給料は稼げなくなってしまいます。

深夜帯のコンビニ

大学生が楽に稼げるバイト3つ目は、深夜のコンビニバイトです。
時給は深夜手当により25%アップするので、1250円前後になります。

深夜のコンビニバイトのメリットは、基本的にお客さんが少ないのでやることが多くないという点です。
また、2人体勢の場合が多く、順番に仮眠を取れるコンビニもあります。

反対に深夜のコンビニバイトのデメリットは、ちょっとしたトラブルに巻き込まれる可能性があるという点です。
コンビニ強盗は基本的には深夜帯が狙われますし、深夜は酔っ払いも多いのでトラブルが起きやすいという懸念点はあります。

さてここでは、大学生が比較的楽に稼げるアルバイトをご紹介してきました。
次は、一般的なアルバイト以外に大学生が稼ぐ方法をお伝えします。

バイト以外に大学生が稼げる方法とは?

新卒 フリーランス

大学生になってお金を稼ごう!と思った時に真っ先に思い浮かべるのは、飲食店などのアルバイトですよね。
しかし、実際は知らないだけで大学生が稼ぐ方法はアルバイト以外にもあります。

しかも、一般的なアルバイトよりもビジネススキルを得たり、自分自身の成長を期待できる稼ぎ方があります。
今回は、バイト以外の稼ぎ方を大きく分けて2つご紹介します。

長期インターン

大学生のバイト以外の稼ぎ方1つ目は、長期インターンです。
長期インターンとは実際に企業で行っている、営業、マーケティング、企画、WEBディレクション、ライターなどを学びながらお金をもらえるものです。

インターンって大学3年生が就活のために行くものでしょ?と思う方もいるかもしれませんが、実際には1、2年生からインターンに参加する学生も多いです。
1年生からインターンでビジネススキルを身に付けることができれば、就活の際にも活きますし、自分で独立する力をつけることも可能です。

長期インターンに関して詳しく説明している記事があるので気になった方は、そちらをお読みください!

悩んでいる大学生へ。バイトを長期インターンに変えるのがおすすめ!

フリーランス

大学生のバイト以外の稼ぎ方2つ目は、フリーランスです。
フリーランスとは企業などには属さずに、個人でイラストやシステム開発、ライティングなどの仕事を受注して稼ぐ方法です。

今では、動画編集やプログラミングをオンラインで学ぶことができます。
バイトに使っていた時間をスキルを学ぶための自己投資の時間に当てることで、その後フリーランスとして稼げるスキルをつけることができます。

バイトをする時間にするか、自分を高める時間にするか少しでも迷った人は下の記事をご覧ください!

【時間のムダ】大学生にバイトをおすすめしない3つの理由。代わりに何をするべき?

まとめ:大学生はバイト以外で稼ぐことも検討しよう

大学生は時間がたくさんありますが、意外とあっという間にすぎてしまいます。
自分に合っていないバイトをするのは、時間の無駄になってしまいますので、しっかりと吟味した上でアルバイトを決めましょう。

また、バイト以外にも長期インターンで稼ぐ方法や、スキルをつけてフリーランスとして稼ぐ方法もあります。
アルバイトだけでは大した経験にはならないので、上記の稼ぎ方も検討してみてください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

学フリ-公式

学生フリーランス専門のメディアです。フリーランスになるためのノウハウ、学生フリーランスへのインタビュー、案件の取り方など、「節約する」「稼ぐ」「投資する」ために必要な情報を発信しています。

-ブログ, 大学生活の基本

© 2021 学生フリーランス